「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:六ヶ所NOW( 5 )

 

悲しいニュース

e0134264_1425926.jpg



六ケ所村にある日本原燃の再処理事業所構内で、職員の方が転落しお亡くなりになりました。
http://mainichi.jp/select/science/news/20100610k0000m040079000c.html
私はこのニュースをtwitterで知りました。
twitterは、人の訃報もふいに目に入ってくるので心臓が痛みます。
他の方々にも知って欲しくて「ご冥福をお祈りします」と付け加え転送しましたが、
本当は、そんな簡単に言葉にできることではありませんでした。

ちなみに日本原燃のページにはこのように、
かなりあっさりと載ってあって驚きました。
http://www.jnfl.co.jp/press/pressj2010/pr100609-1.html

島根原発の点検もれ問題を担当していた部長さんが亡くなられたときもがっくりきました。
こうやって誰かが犠牲になる訃報を知るたび、心苦しい気持ちでいっぱいになります。
島根原発のニュースはyahoo!のトップページで知りました。
少ししたらその項目はトップから消え、
欧州のどこかの大統領が句集を発表したというニュースに変わっていました。

そっちの方が大切だったのでしょうか。
すぐにトップニュースが変わった理由はわからないけれど、
むなしい気持ちで、しばらく画面を見つめていました。

話は変わりますが、こちらはiPhoneの中国製産工場のことです。
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/05/html/d57772.html


はな
[PR]

by 6peace | 2010-06-11 14:27 | 六ヶ所NOW  

住民の食物に放射能残留


katsukoさんのブログより転載させていただきました。
http://ameblo.jp/sannriku/entry-10507310778.html
ありがとうございます。
この記事を読んで、過疎地域でスーパーが遠くなったり閉店してしまい
出来合いのお惣菜や添加物の入ったものを
毎日食べなければいけないお年寄りのことを思い出しました。
添加物の多量摂取と放射能の残留、これらを重ねることではないかもしれないけれど、
長く住みつづけてきた年配の人たちが選択できない環境下にいることは、同じです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



※三陸の海を放射能から守る岩手の会のニュースからの転載です。

同会のHPで実際の紙面を見ることができます。HPは「再処理 岩手の環境」で検索できます。

下記資料をお近くの図書館から、青森県の図書館に資料請求してください!


   ::::::::::::::::::::::::
 

 六ヶ所村農業世帯の日常食から

  ヨウ素129平常値の約30倍検出
             ー(財)環境科学技術研究所調査報告ー

『岩手の会』では、再処理工場の放射能環境放出について資料を収集し調査を続けています。
六ヶ所村にある(財)環境科学技術研究所の青森県委託調査『年次報告書』に、
「食物汚染」について重大な数値が示されていました。

<かげ膳法による試料採取>

(財)環境科学技術研究所は、六ヶ所村の住民の食事の放射能検査を実施していました。
『かげ膳法』といわれる食事調査の方法は次のようなものです。
◎報告書では、「従事職業業態」として
「青森市勤労」「六ヶ所村勤労」「六ヶ所村漁業」「六ヶ所村農業」
の4つの「世帯」グループを記載している。

◎グループごと5人に委託し、
指定した一日の全ての飲食物と同じ食品(「かげ膳」)を試料として回収した。

◎五人分を一つの試料としてミキサーで粉砕、混合し均質化し、うち2㌔を凍結乾燥させ、
ヨウ素129、炭素14、有機結合型トリチウム(OBT)の分析を行った。

<『六ヶ所漁業・農業世帯』の数値が急上昇 >
 
2008年から六ヶ所村の漁業世帯と農業世帯で急上昇しています。
すなわち2006年6月から2007年10月までの数値を平均化すると
「3・7マイクロベクレル/日・人」となる。
これを「バックグラウンド(汚染前の自然値)」とみなし、その後の変化を比較すると、
2008年の「六ヶ所漁業世帯」は「28マイクロベクレル/日・人」でそれまでの7.6倍になっています。
報告ではどういうわけか、その後、「六ヶ所村漁業世帯」の項目は消え、
「六ヶ所村農業世帯」となります。
その「2008年8月」が「115マイクロベクレル/日・人」で、じつに、「自然値の30倍」です。
この数値について同報告書は
「大型再処理施設から放出されたヨウ素129の影響を受けた可能性がある。」と述べています。

<なぜ漁業世帯の数値が発表されないのか?>

『アクティブ試験が始まって3年目で
六ヶ所村の漁業世帯や農業世帯の食べ物のなかの放射能の数値が増大した』
という重大な事実が、同研究所の分析で判明しました。
この結果について、さらに詳しい報告を行う義務が調査を委託した青森県にはあります。
住民の知る権利に応える、事業者や行政当事者、マスコミの責任ある対処が望まれます。


(注)(財)環境技術研の『平成20年度放出放射能環境分布調査報告書』は
青森県立図書館と青森市立図書館にあります。各地の公立図書館から資料請求出来ます。
[PR]

by 6peace | 2010-05-10 11:02 | 六ヶ所NOW  

Twitterのこと


e0134264_1121722.jpg



このブログを読んで下さっている方々は ツイッターを利用されていますか?
ご存じな方が多いとは思いますが まだ知らない人達の為に簡単に説明しますと
ツイッターは 140文字以内でネット上につぶやく ブログよりも手軽なツールです。

http://www.twitter.com


私はつい最近始めました。
最初のうちは個人的な内容のみだったのですが
鎌仲ひとみさんも利用しているのを知ったのがきっかけで
再処理について時折つぶやいたり
イベント情報を自分のツイッターや このブログへ転送するようになっています。

ツイッターは 使っていけばいくほど 情報が広がるそのスピード力に毎回感心させられます。
短い文の表示の中 もっと詳しい情報を望めば リンク先をクリックしサイトやブログに飛べますし
他にも ユーストリーミングを利用すれば
再処理の話を聞けるイベントなどを生中継(もしくはその後に)見ることができたりもします。
映像を見ながら 自分や人の考えを読めたりもするわけです。

ブログも RSSで更新情報を集めて見ることができますが
ツイッターはそれよりも読む時間が短く済み
再処理に関するニュースのインパクトや 次々と新たに見えてくる課題への序章を残してくれます。

そして つぶやきを見るタイミングというのも またご縁のようなもので
本当にひょんなことから人と人が繋がったり 誰かが手を差し延べて協力してくれたりします。
例えば 定員制のドキュメンタリー映画の上映会があったとします。
急きょ欠員がでた場合は きっとブログに載せるよりも twitterでお知らせした方が
来たい人がすぐ見つかるかもしれません。

もうすぐ6peaceフリーペーパー(6paper)の新しい号が出ます。
イベントに置いて頂ける際の告知や
欲しいと言って下さる方との やりとりの始まり等も
ツイッターを利用すれば 今よりももっとコミュニケーションの幅が広がって動いていくのでは
と考えています。

そして何より 再処理についてつぶやく人をフォローしていれば
ツイッターをチェックする度に 誰かしらの 六ヶ所や祝島の状況や思いが文字として目に入ります。
このことで 再処理施設や原発への意識が今まで以上に高まりましたし
気持ちを維持しようという思いも強くなりました。
もっと情報を知りたいときに 情報がわかりやすく簡潔に提示されていることは
その便利さ手軽さというよりも
つぶやいている人の気持ちを感じながら読めることでの 意識への訴えかけの強さを
より感じています。

ツイッターは情報がどんどん新しくなるので
数日以内のことでなければ ツイッターよりも流れるのがゆっくりなブログに
同じ内容を掲載した方が 持続的な効果があります。
それぞれの良い面を生かして使っていきたいです。

最後に 私がツイッターを読んでいる三人の方のアドレスを紹介させて頂きます。

PEACE LANDのYAMさん

http://www.twitter.com/yamzodiac

鎌仲ひとみさん

http://www.twitter.com/kama38

冨田貴史さん

http://www.twitter.com/takahumitoita


友達が勘違いしていたのですが ツイッターは登録してなくても読めますので
もし興味がおありでしたら 是非利用してみてください。
6peaceのアカウントを作りましたら またここでお知らせします。

もう使っていらっしゃる方には 今更な話ばかりだったと思いますが
ツイッターから新たに学んだり感じたりすることが多い初心者ですので
今回は興奮気味にお送りしました。


はな
[PR]

by 6peace | 2010-04-13 11:22 | 六ヶ所NOW  

核燃料サイクル施設の直下に、活断層か

六ヶ所村の核燃料サイクル施設の直下に、
これまで未発見だった長さ15キロ以上の活断層がある可能性が高いとの研究を、
渡辺満久東洋大教授(地形学)らが24日までにまとめた。

沿岸部海域の「大陸棚外縁断層」とつながっている可能性もあり、
その場合、断層の長さは計約100キロに達し、
マグニチュード(M)8級の地震が起きる恐れがあるという。

日本原然は昨年、
新潟県中越沖地震とほぼ同じM6.9の直下型地震などを想定しても
「施設の安全性は確認されている」と国に報告したが、
教授は今回の研究を踏まえ「耐震性を再検証すべきだ」と指摘している。
(共同通信のニュースより抜粋)


日に日に死傷者の増え続ける四川大地震、あの場所にも核施設は存在します。
放射能が漏れているだろうことを、多くの人が懸念しています。
それと同時に、中国から正式に発表されることはないことも、皆わかっています。
中国に住む人達を思うと辛く、途方にくれてしまいますが、これは現実のことです。

そして日本の原発関連施設において、活断層を施設の直下や周辺に抱えているのは、
六ヶ所村だけではありません。
同じことが起きてからでは、もう遅いのです。
[PR]

by 6peace | 2008-05-27 01:20 | 六ヶ所NOW  

再処理工場の現在の状況

2008年2月時点で、六ケ所再処理工場に貯蔵されている英仏からの返還ガラス固化体は1310本、六ケ所再処理工場で製造されたものが57本で、今後、再処理工場が本格操業すると年間約1000本のガラス固化体が製造され、六ケ所村で貯蔵されることになっています。
4月10日、2008年度第1回となる使用済核燃料の輸送が終了しました。
(搬出元ー関西電力(株)大飯発電所)
現在本格稼働は、2008年5月の予定となっています。
[PR]

by 6peace | 2008-04-16 03:23 | 六ヶ所NOW