新潟『6』へ

2008年3月15日 土曜日その日、新潟の古町にあるgallery N-7とclub 88が共同開催で行われた『6』とゆうイベントに6peaceのメンバーminacoとMAKIKO、+αの笑太の三人で参加してきました。
3月2日に新潟の川口町で行われた『SONG OF THE EARTH』で出会えた仲間の誘いで6peace-Tの販売をさせてもらえる事になったので再び新潟へ乗り込みました。

今回のイベントは新潟市を中心として、六ヶ所村核再処理工場稼動反対の運動をしている「ROKKASHO,PEACE&LOVE」の方々のイベントということもあり、六ヶ所の問題に深く関わってこられた方々、とても関心がある方々が集まって僕たち6peaceにとっては恰好の空間となりました。
イベント会場は二つあってN-7の方は語り手さんのお話やギターの弾き語り、その場にいる全員で行う六ヶ所に対してのディスカッション、終始電気を使わず地元新潟のキャンドルアーティスト、6peaceともとても馴染み深いDEJAVU AKAKURO#087のキャンドルの灯りのみで進行していきました。
キャンドルや壁画のアート、馴染みのあるショップで演出された店内はとても和やかな雰囲気と、時に真剣な空気に揺られながら時が過ぎました。僕たち6peaceは 『SONG OF THE EARTH』でもお世話になったヤスくんのお店『光~shikata~』のブースを少し間借りして販売させていただきました。
一方、club 88ではDJとBANDを交えたクラブイベントが開かれました。地元のアーティストを中心として繰り出される音たちはとても居心地の良いピースフルな空間を演出してくれました。店内は若い方々も多く、朝まで自由な時間が過ぎていきました。ダメもとでこちらの店内にも6peace-Tを販売させてもらえないか交渉してみたところ、快く承諾してくださった88の皆様、本当にありがとうございました。

e0134264_0334858.jpg
e0134264_0342576.jpg
今回イベントに参加させてもらい深く感じた事は、六ヶ所問題を通して老若男女幅広い人々が同じ問題に対して互いの考えをぶつけあう、そのときに感じられるその空間のエネルギーはとても惹き付けられるものがありました。でもみんな心から平和な未来を願う志は同じで、その場に居られた事に感動し、深く感謝しました。同じ時間を共有し、共感出来たことによって6peaceにまた宝物が一つ増えた様な感覚でした。 このイベントでお世話になった全ての方々に感謝して、6peaceの旅はまだまだ続きます。                                                                笑太

[PR]

by 6peace | 2008-03-25 00:37 | 6peaceの足跡  

<< LORD OF THE ROK... 3・16 6PEACE仙台へ >>